見つからないDLLファイルの復元

January 14, 2021

DLLは、Windowsコンピューターで同時に実行するために複数のプログラムによって使用されるコードとデータを含むライブラリです。 ただし、「DLLファイルが見つからないか、.dllがコンピュータにないため、PCで複数のプログラムを実行できない」というエラーが発生する場合があります。 まず、不足しているDLLファイルを回復する必要があります。 不足しているDLLファイルを回復するには、SFWare削除されたファイルの回復ソフトウェアをダウンロードしてインストールし、無料で試してみてください…

DLLファイルとは何ですか?

ダイナミックリンクライブラリまたはDLLは、Windowsコンピュータでいくつかの機能を開始するのに役立つ実行可能ファイルです。 これは拡張ファイルのようなもので、データシステムリソースとコードが含まれています。 これは、アプリケーションに必要なハードドライブのスペースを最小限に抑えるのに役立ちます。 実際、1つのDLLファイルには、システムで実行されている複数のプログラムからアクセスできます。 しかし、そのDLLファイルが見つからない場合、それを使用しているソフトウェアはそれを実行できず、「。dllファイル名が見つかりませんでした」というエラーメッセージが表示されます。.

DLLファイルが見つからない理由

さまざまなアプリケーションの実行中にDLLファイルが欠落していることを示すさまざまなエラーが発生する場合があります。 エラーの背後にある理由は-

DLLファイルの誤った削除。 ハードディスクの空き容量をクリーンアップしようとしたり、プログラムをアンインストール/インストールしたりするときに、この間違いを犯すことがよくあります。.

DLLファイルが上書きされる可能性があります。 Windows PCに最近プログラムをインストールすると、既存のDLLファイルが変更され、互換性の問題が発生する可能性があります。.

ハードドライブ上の他のファイルとは異なり、DLLファイルも破損し、.dllエラーにつながります。 ドライブ上のハードウェアの問題やマルウェアの感染もエラーの原因になります.

さまざまなDLLエラー

場合 1: Windows 10コンピューターでプログラムを実行しているときに、コンピューターにエラー.dllファイルが表示されませんでした。 エラーのため、プログラムを開始できませんでした。 不足しているDLLファイルを復元する方法は? エラーを修正する方法はありますか?

場合 2: .dllファイルが見つかりません。アプリケーションを再インストールしてください

場合 3: .dllファイルが見つからないため、アプリケーションを起動できませんでした。 アプリケーションを再インストールします.

これはWindowsアプリケーションプログラムファイルの一部であるため、このタイプのエラーはWindowsPCで一般的です。 これを修正する方法は? 不足している.dllファイルを回復し、アプリケーションを正しく動作させるにはどうすればよいですか?

WindowsPCで欠落しているDLLファイルの問題を修正

ごみ箱にDLLファイルが見つからない場合はどうなりますか? 不足しているDLLファイルをどのように回復してアプリケーションを実行しますか?

不足しているDLLファイルを回復し、プログラムを実行できるようにするための最良の選択は次のとおりです。 それがアプリケーションファイルであろうとシステムファイルであろうと、SFWare Deleted file Recovery Softwareは、失われた/削除されたファイルをPCから回復します。 ソフトウェアの高度なスキャンアルゴリズムは、コンピュータのドライブ内のすべてのファイルシステムとフォーマットをスキャンし、十分な時間でそれらを復元するのに役立ちます。 ダウンロードして、DLLファイルを回復することによって問題を解決するための安全で迅速なアプローチを試してください.

ファイル回復ソフトウェアを使用して不足しているDLLファイルを回復する

まず第一にダウンロード SFWare削除されたファイルの回復ソフトウェア そしてそれをあなたのWindowsシステムにインストールしてください。 アプリケーションを実行し、画面に表示される指示に従います.

1. 選択する Recover files メイン画面から。 今、をクリックします Deleted file recovery または Lost File Recovery データ損失の状況に応じて画面に.

2. 次の画面に、ドライブのリストが表示されます。 を選択 drive DLLファイルを保存した場所.

3. 今, 回復したいファイルの種類を選択します(展開してチェックボックスをオンにします)。 これにより、ドライブのスキャンが開始されます.

4. スキャンが完了すると、回復可能なファイルがに表示されます Data type そして File type view.

最後に、目的の場所に復元されたdllファイルを保存します.

注意: .DLLファイルをアプリケーションの.exeファイルと同じフォルダーに配置します.

最新のWindows10および最も古いWindowsXP、Windows Vista、Windows Server 2003、Server 2013、およびWindows Server2008を含むすべてのWindowsバージョンでSFWareDeletedファイル回復ソフトウェアを使用できます。

また、 削除または失われたEclipseプロジェクトファイルの回復.

.dllファイルとは別に、削除されたPDFファイル、RARファイル、ZIPファイル、PSTファイル、PPTファイルおよび他の多くのデータの回復はすぐに回復することができます.


削除されたファイルを回復する

Top