ごみ箱の回収:包括的なガイド

SFWare、ごみ箱の回復のための最も理想的なツール。 ごみ箱、空のごみ箱から削除されたファイルを回復し、削除されてもごみ箱に入らないUSBまたは外付けハードドライブからファイルを回復するために使用します。 今すぐやってみて下さい!

システムからファイルやフォルダを削除すると、通常それらはごみ箱に送られます。 これらのファイルは、手動または自動で完全に削除されるまでごみ箱に保存されます。 削除したファイルが重要でない限り、このプロセスは問題ありません。

ただし、ごみ箱から重要なファイルを削除した場合は、それらを復元する必要があります。

幸いなことに、ごみ箱から空になったファイルを回復するためにあなたが自由に利用できるいくつかの組み込みツールやプロのソフトウェアがあります。 この包括的なごみ箱の回復ガイドでそれらを1つずつ調べてみましょう。

注意: この記事の最後に、ごみ箱が自動的にファイルを削除しないようにする方法についてのヒントもあります。

解決策1: ファイル履歴バックアップを使用して削除されたファイルを回復する

前提条件: データ損失が発生する前に、ファイル履歴機能をシステムで有効にする必要があります。

ファイル履歴機能は、システム上のファイルやフォルダをバックアップするための優れた組み込みツールです。 さまざまな時点ですべてのファイルのスナップショットを作成して保存します。 だから、回復する必要が生じたときに、ファイル履歴機能が便利になることがあります。

ファイル履歴機能を使用するには、以下の手順に従ってください。

解決策2: SFWareファイル回復ソフトウェアを使用してファイルを回復する

SFWareはごみ箱を回復するための専用ツールを提供します。 それはごみ箱から削除されたファイルを回復するために使用されるだけでなく、下記のような様々な他の例でも使用することができます。

SFWareを使用して回復できるファイルの種類に制限はありません。 基本的に、Word、Excel、PDF、メモ、画像、ビデオ、オーディオファイルなど、あらゆる種類のファイルを復元できます。 このツールは、独自のシグネチャ検索アルゴリズムを使用して、約300種類のファイルの識別と回復をサポートします。

追加の利点は、WindowsとMacの両方のシステムで使用できることです。 したがって、それは両方のWindowsのごみ箱とMacのゴミからの回復をサポートしています。

ごみ箱の回復のための手順:

WindowsシステムにSFWareファイル回復ソフトウェアをダウンロードしてください。 インストールプロセスを完了してアプリケーションを実行します。

ボーナスチップ: ごみ箱が自動的にファイルを削除しないようにする方法は?

通常、ごみ箱は30日後に自動的にファイルを削除するように設定されています。 ただし、ファイルをごみ箱にもっと長く保持したい場合は、自動削除機能を無効にすることができます。 そうするには、

ファイルが完全に削除されないようにするための推奨事項